■ワーキングホリデーの準備2

事前の語学勉強と資金集め

ワーキングホリデー制度を利用する前に、ある程度の語学を勉強する必要があります。
現地にはワーキングホリデー利用者向けの語学学校があったりはしますが、
後々現地でアルバイトを始め、現地の人と交流をするには、
ワーキングホリデー渡航前にある程度の語学力を身につける必要があります。

また、現地でのアルバイトで頂ける賃金はものすごく安いことが多いです。
アルバイト賃金を期待して現地に飛んでも、それだけでは生活できない事が大いに予想されますので、
ワーキングホリデー渡航前までには十分な金額を貯めておくようにしてください。
(100万円程度が良いとされている様です。)

また、海外でのトラブルにも要注意です。土地・文化に触れるまたとない機会ではあるのですが、その分トラブルに遭うこともしばしば。しかし、海外旅行保険に加入していればいざと言うときのトラブルにもすぐに対応してくれるので安心です。

保険への加入

ワーキングホリデー渡航中に思わぬ怪我や事故に見舞われる事態も考えられます。
そのためにワーキングホリデーメーカー向けの保険に加入することをオススメします。
保険内容も傷害や賠償、歯科治療などの医療面から、飛行機の遅延に関する費用まで、
幅広い内容となっています。

また、ワーキングホリデー渡航に関して、
加入が渡航の条件となっている国もありますのでご注意ください。

Favorite

2017/1/6 更新