■ワーキングホリデーの準備1

国によってビザの発給条件・方法等が違う。

まずは、ワーキングホリデー制度を利用できる国の中から行きたい国が決まれば、
その国のワーキングホリデービザの発給方法を調べなければなりません。

そのワーキングホリデービザの発給条件・方法・申請資格や制限は各国まちまちであり、
例えば

  • イギリスは18〜25歳までの年齢制限であり、〜30歳は例外的に認める形
  • オーストラリア・ニュージーランドではインターネットでしか申請手続きが出来ない
  • 韓国へは、住んでいる都道府県毎に年齢制限が違ってくる
  • 資金証明が必要な国もある

等の違いがあり、
また、申請条件や方法が刻々と変わる国もありますので、
ワーキングホリデー制度利用を希望する大使館への確認が常に必要です。

就学・就労の時間規定

各国で就学や就労に就く時間数が決まっています。
条件は各国で違うので、確認してください。
この規定を守らないことで、国外退去などの処罰を受ける事の無いように気をつけましょう。

check

最終更新日:2016/11/2